大沼由紀舞踊公演 Magunetismo

大沼由紀舞踊公演「Magnetismo」(10/25金)
大沼さんは近年の長く深い迷いからやっと抜け出て新境地に辿り着いた。
それは未知の場所ではなく、彼女がジャズや舞踏に自身を沈めて来た経緯があるからこそ必然的に誘われるはずの光当たる場所に、自然に立っていた。
カーテンコールの突き抜けた納得の笑顔が忘れられない。

冒頭、暗がりの無音の中から発生していく大沼さんの踊りは、耳を研ぎ澄ませている生物が細胞の触手をじわじわと伸ばしていくように、客席、空間、自らの心情に潜むいかなる音も聞き逃さず、たゆとうように泳ぐように、身体に反映させていく。なんという集中力だろう。

チェロの音がそこに流れてくる。音程の無い一音のみのロングトーンが続いていく。強弱とビブラートだけで踊り手を煽っていく。由紀さんはそれを全霊で受け取り、精巧なサパテアードで応えていく。自らピアノを弾いていたゆえの敏感で驚異的な聴覚。
そしてリズムが生まれて来る。サパテアードは繊細にコンパスを刻みだす。うごめいていた細胞の触手に意思が現れる。
フラメンコが自然発生していく。

今枝友加さんのカンテ、彼女のストレートな声が、大沼さんのフラメンコを貫いてくる。今枝さんのソロも素晴らしいものだが、フラメンコの三位一体の中でより彼女のポテンシャルは引き出され、自由度を増すことに気付かされる。

ホセ・ガルベスの存在は魔力的だ。そのギター、その声で、モノトーンのフラメンコに血を廻らせ、色を与えていく。際どく濃厚に人間の喜びと苦しみを絞り出していく。
ホセのギターとカンテ、そして下島さんのチェロによるカンパニジェーロは老獪なフラメンコと瑞々しくも挑戦的な正統派チェロの拮抗だった。むせび泣くようなホセの歌、それを凝視しながら音を生んでいくチェロ。違う世代とジャンルの異文化過ぎるスリリングな交感は、間違いなく生きたフラメンコ。そこから続くペテネーラは、凄まじい集中力が生むコンパス感の中で、4人が生き様を晒し、シャッフルし合う極上のフラメンコだった。
チェロの下島万乃さんはいくつものコンクールを制した現役芸大生という有望なクラシック奏者。その音程は正確で、音質は豊か、何よりも彼女は柔軟性と闘志に溢れている人で、彼女とのフラメンコでの協演を決めた大沼さんの耳と感度の良さにもまた感服した。
ムジカーザ」という舞台空間が、大沼さんの魅力をいっそう引き出した。彼女が深く閉じるように自分の求めるフラメンコだけに没頭していく姿、それこそが何よりも観る者にフラメンコを感じさせるのだから。

大沼由紀舞踊公演 Magunetismo
10/24(木) 10/25(金)
ムジカーザ代々木上原
踊り 大沼由紀
ギター・カンテ ホセ・ガルベス
カンテ 今枝友加
チェロ 下島万乃